<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

UMLモデリング技能認定L2 問題集 第5章〜第6章


  • 「○○リスト」クラスと「○○」クラスは、集約の関係でつながれる。
  • 「○○リスト」は、「○○検索」という操作で、「○○」クラスのインスタンス(オブジェクト)を作成し、戻り値として返すことができる。


徹底攻略UMLモデリング技能検定試験問題集 L2対応
続きを読む >>
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 00:13 * comments(0) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L2 問題集 第3章〜第4章


  • ユースケースにおいて、「必要に応じて○○する」、「○○することもある」は、<<extend>>で表現する。
  • 「パソコン」クラスと「利用者」クラスの関連を表す関連クラス「利用記録」をモデル化したとき、特定の「パソコン」オブジェクトと特定の「利用者」オブジェクトについて「利用記録」オブジェクトを複数持つことはできない。同一のパソコンを同一利用者が複数回利用できないモデルになる。

徹底攻略UMLモデリング技能検定試験問題集 L2対応
続きを読む >>
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 20:51 * comments(4) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L2 問題集 第1章〜第2章


  • UMLプロファイルにより、特定分野向けにUMLの拡張を行うことができる。
  • {ordered}は、「順序付けあり」を表すメタ属性である。
  • Unified Processの特徴として、「ユースケース駆動」、「アーキテクチャ中心」、「リスクが高い機能を早期に開発」、「管理された反復」がある。


徹底攻略UMLモデリング技能検定試験問題集 L2対応
続きを読む >>
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 21:37 * comments(0) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L2 第6章〜模擬試験


  • デザインパターンは、設計モデリングで使用する(分析モデリングには使用しない)。
  • パッケージ間の依存関係はなるべく希薄にし、片方向にする。
  • イベントフローは、1つのユースケースの処理の流れを網羅的に記述する。


UMLモデリング教科書 UMLモデリングL2 第2版 (UMLモデリング教科書)
続きを読む >>
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 22:13 * comments(0) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L2 第4章〜第5章


  • 種類を表すクラスと、個別のものを表すクラスを分ける(ノートPCの型番を含むクラスとシリアル番号を含むクラス)。
  • 種類を表すクラスを個別のものを表すクラスのパワータイプという(あるクラスのサブタイプをインスタンスとするクラスは、もとのクラスのパワータイプである。)。
  • 変化する状態は、切り分けてクラスとする(排気量などの属性を持つエンジンクラスとニュートラル・ドライブ・リアというサブクラスを持つ状態クラス)。
  • クラスをバウンダリ、コントロール、エンティティで分ける。


UMLモデリング教科書 UMLモデリングL2 第2版 (UMLモデリング教科書)
続きを読む >>
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L2 第3章


  • 要求分析モデリングでは、システムへの要求を整理し、システム化範囲を明確にする。
  • 要求分析モデリングでは、ユースケース図と、シナリオやアクティビティ図を使用する。


UMLモデリング教科書 UMLモデリングL2 第2版 (UMLモデリング教科書)
続きを読む >>
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 19:05 * comments(0) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L2 第1章〜第2章


  • モデリングは、ビジネスモデリング → 要求分析モデリング → 分析・設計モデリングの順に行う。
  • ビジネスモデリングでは、アクティビティ図を使って、現行の業務ルールと改善後の業務ルールをモデリングする。
  • バウンダリ・コントロール・エンティティのアーキテクチャは、それぞれ、3層クライアントサーバシステムのプレゼンテーション層、ファンクション層、データベース層に該当する(と思われる)。


UMLモデリング教科書 UMLモデリングL2 第2版 (UMLモデリング教科書)
続きを読む >>
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 18:03 * comments(0) * trackbacks(0)

UMTP L2試験対策セミナー 開催

UMLモデリング推進協議会の主催で、UMTP L2試験対策セミナーが開催される。1月26日(月)、無料。
せっかくの機会なので、セミナーを受け、その後UMTP L2を受験することにする。
その後は、社会保険労務士に専念の予定。
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 19:20 * comments(0) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L1 合格のまとめ

UMLモデリング技能認定L1を受験するに当たり、以下の2冊で勉強した。
[改訂版] UMLモデリング技能認定試験<入門レベル(L1)>問題集 -UML2.0対応
[改訂版] UMLモデリング技能認定試験<入門レベル(L1)>問題集 -UML2.0対応
ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略UMLモデリング技能認定試験問題集―L1(T1/T2)対応
ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略UMLモデリング技能認定試験問題集―L1(T1/T2)対応
前者は、教科書と問題集を合わせたような構成になっている。各項目の解説があった上で模擬問題・解説が載っている。
後者は、模擬問題・解説のみ。
問題の難易度は、後者の方がやや難しい。
しかし、実施のテストは、この2冊よりもはるかに簡単だった。
前者のみ終わらせておけば合格には十分だと思う。
なお、2冊の本に載っていた
A. ○○
B. ××
C. △△
D. AとB
E. A〜C
というパターンの出題(複数選択の変形)はなかった。

問題がそれほど複雑ではないせいか、CBTであるが故の面倒くささはなかった。スクロールしなければいけない局面はなかった。
図を選ぶ問題では、「資料1」のボタンを押すと図がポップアップするような仕組みになっていた。全部をポップアップさせた上で、正答でないものを順に閉じていけば正解が残るので、簡単だった。
XMLマスターの試験の時は、このようなインタフェースではなかったので、CBTも進化しているのだろうか(あるいは試験ごとに異なるのか。ちなみにプロメトリックで受験)。
メモ代わりに渡されるボードも、「必要ならば何枚でもお持ちします」ということなので遠慮せずに使ったが、結局1枚で足りた。

>> The sky is the limit! 本のおすすめ
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 10:03 * comments(0) * trackbacks(0)

UMLモデリング技能認定L1 合格

UMLモデリング技能認定L1に合格した。

出題分野正解率
開発プロセス/モデリングの基本概念100%
構造モデリング(クラス図)100%
振る舞いモデリング(シーケンス図)100%
振る舞いモデリング(ステートマシン図)100%
実装モデリング(コンポーネント図)100%
要求定義モデリング(ユースケース図)100%
複数の図を使用したモデリング(複数の図)100%
振る舞いモデリング(コミュニケーション図)100%
振る舞いモデリング(アクティビティ図)0%
実装モデリング(配置図)100%
合計96%
ss2004 * UMLモデリング技能認定 * 20:15 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ