<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

情報処理安全確保支援士 午後1終了

問2・問3を選択


俺の解答

問2

設問1

内容 L氏がログインを行った時刻及び回数

記録 L氏がログインを行った時刻以外の記録がないこと

設問2

(1)クロスサイトリクエストフォージュリ

(2)3

(3)c 現在のパスワード

d 知り得ない

(4)e confirm

f submit

設問3

(1)カ、キ

(2)セッションハイジャック

(3)要素中に指定できる要素を制限する。


問3

設問1 接続元IPアドレスが、F社プロキシサーバ以外のログイン記録を抽出する。

設問2

(1)a ウ

b エ

c ア

d イ

(2)e 処理1

f 処理4

(3)ウ

(4)h IdP

i 改ざん

(5)事前に共有しているディジタル証明書により、認証情報が検証できるから。

設問3

交通 (3)

社外から社内への通信はファイアウォールにより禁止されているから。

グループ (1)

グループウェアサービスは、接続元IPアドレスで接続が制限されているから。



ss2004 * 情報処理安全確保支援士 * 13:44 * comments(0) * trackbacks(0)

情報処理安全確保支援士 午前2終了

俺の解答

イウアイウ

イアイエウ

アイウウイ

ウイイアア

アアイエウ


ss2004 * 情報処理安全確保支援士 * 11:36 * comments(0) * trackbacks(0)

「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」の初回登録申請者数は4,175名

初回(2017年4月1日)の登録は、4,175名とのこと。2020年までに30,000人は無理でしょうね。

「登録セキスペ」を見出しに使ってきているのは、定着させたいんでしょうか。


https://www.ipa.go.jp/about/press/20170215.html

ss2004 * 情報処理安全確保支援士 * 06:13 * comments(0) * trackbacks(0)

ネットワークスペシャリスト合格

ss2004 * ネットワークスペシャリスト * 12:44 * comments(3) * trackbacks(0)

2016年秋期情報処理技術者試験(高度区分) 合格発表

12月16日(金) 正午発表の予定。

www.jitec.jpサーバ負荷軽減のためのリンク。

1 成績照会ページ
 * 応用情報技術者試験(AP)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/js/input.html?examCode=AP
 * ITストラテジスト試験(ST)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/js/input.html?examCode=ST
 * システムアーキテクト試験(SA)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/js/input.html?examCode=SA
 * ネットワークスペシャリスト試験(NW)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/js/input.html?examCode=NW
 * 情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/js/input.html?examCode=SC
 * ITサービスマネージャ試験(SM)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/js/input.html?examCode=SM

2 合格発表(携帯用ページ)
 * 全区分
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/inputSearch.html

3 成績照会(携帯用ページ)
 * 応用情報技術者試験(AP)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/input.html?examCode=AP
 * ITストラテジスト試験(ST)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/input.html?examCode=ST
 * システムアーキテクト試験(SA)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/input.html?examCode=SA
 * ネットワークスペシャリスト試験(NW)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/input.html?examCode=NW
 * 情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/input.html?examCode=SC
 * ITサービスマネージャ試験(SM)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/input.html?examCode=SM
ss2004 * IT資格情報 * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0)

情報処理安全確保支援士 登録約2万円 維持約15万円/3年

IPAの発表によると、情報処理安全確保支援士の資格維持のため必要な講習の費用が3年間で15万円程度になる予定らしい。
これは手が出ない。
3万人達成できるのかなぁ?
ss2004 * 情報処理安全確保支援士 * 18:32 * comments(0) * trackbacks(0)

サイバーセキュリティ分野において初の国家資格となる「情報処理安全確保支援士」制度を開始しました

5.試験及び登録に関するスケジュール

平成28年10月24日(月) 登録受付開始  
※過去に情報セキュリティスペシャリスト試験及びテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験に合格した者

平成29年4月 第1回支援士試験実施 
登録については以下のHPにて御案内します。
IPA独立行政法人 情報処理推進機構HP (平成28年10月24日から開設)

http://www.meti.go.jp/press/2016/10/20161021002/20161021002.html

 


ss2004 * 情報処理安全確保支援士 * 20:52 * comments(0) * trackbacks(0)

『問題冊子を切り離して利用することはできません。』

今回受験したネットワークスペシャリスト試験。午前2、午後1、午後2試験ともに、問題冊子に注意事項として、
7. 問題冊子の余白などは,適宜利用して構いません。ただし,問題冊子を切り離して利用することはできません。

という表記があった。
おそらく、今年春期試験まではなかった表記である。

今まで、論述試験において、
書き上げる解答用紙(原稿用紙)の間に、使わない問題用紙を挟んで、裏写りしないようにする。
を実践していたのだが、今後はルール違反になるのだろうか。

論文試験へのアドバイス
ss2004 * IT資格情報 * 18:34 * comments(2) * trackbacks(0)

ネットワークスペシャリスト午後2終了

問1を選択

設問1
(1)ア VLAN1
イ VLAN9
ウ ポート番号
(2) 131072
(3) NAT機能の宛先IPアドレスの追加
追加サーバ用のフィルタリング定義の追加
設問2
(1) 割り振られたISPの違い
(2) 戻りパケットの送信元IPアドレスが行きの宛先と一致しないため、FW等で拒絶される。
設問3
(1) Bindingレスポンス中のデータのIPアドレスが自分のIPアドレスと異なる場合NAT機能がある。
(2) g2 p
(3) A vlan1 B vlan2
(4) エ ブラウザ2
オ STUNサーバ
設問4
(1) カ HTTP キ WebSocket(2) 二つのUAに割り振るグローバルIPアドレスを、ISP1とISP2のものにする。
(3) C vlan1 D vlan2
(4) ク IP-PBX ケ DNS コ LB
設問5
(1) サ 切り戻し
(2) FQDN 1 グローバルIPアドレス 4
(3) STUNサーバ1、STUNサーバ2、IP-PBX
(4) FW
(5) .ぅ鵐肇薀優奪箸らインターネットへの通信
外部から施工情報管理への通信
イントラネットから施工情報管理への通信
(6) 上位DNSにA社DNSの情報を問い合わせる。
(7) ',,,


2016101610250000.jpg
ss2004 * ネットワークスペシャリスト * 16:04 * comments(0) * trackbacks(0)

ネットワークスペシャリスト午後1終了

問1・問3を選択

問1
設問1
ア MX
イ MSV3
ウ MSV2
エ SMTPAuth

設問2
(1)スパムメール送信の踏み台にされるリスク
(2)ルータ4
(3)
オ TCP
カ a.b.0.0/20
キ 25
(4) トランスミッションポート
(5) 587,110

設問3
(1) FROM
(2) メールを発信したサーバーのIPアドレス

問3
設問1
(1)
a ゾーン転送
b SMTP
(2) DNS1
(3) 公開ゾーン情報の更新通知
(4)
条件)短い間隔でメールが到達する
理由)DNSのキャッシュが有効であり、DNSサーバへの問合せが発生しないから。
設問2
(1)
d 新MSV1
e 新MSV2
(2)
msvc VIP1
msvc VIP2
設問3
(1)FW
MSGW1,2からVIP1へのSMTP通信を許可する。
(2)
社外
未変更社員
(3)
(ア)新MSV→旧MSV
(イ)旧MSV
(4)当該社員のメールアドレスに対応するメールボックスを新MSVに変更する。
ss2004 * ネットワークスペシャリスト * 14:03 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ