<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< データベーススペシャリスト 午後1終了 | main | 2019年春期情報処理技術者試験(高度区分)合格発表 >>

データベーススペシャリスト 午後2終了

問2を選択


【以下、スーパータイプ・サブタイプを、「スーパータイプ −△− サブタイプ1/サブタイプ2」と示す】


問2

設問1

(1)

製造部門−△− 焼成部門/成形部門/Mix部門

焼成部門→要求元部門

貯蔵品目−△−原材料/生地材料/外注成形材料

成形材料−△−内製成形材料/外注成形材料

貯蔵品目→成形材料レシピ

内製成形材料→成形材料レシピ

原材料→生地材料レシピ

生地材料→生地材料レシピ

内製成形材料−製品

内製成形材料−外注成形材料

(2)

供給明細→焼成実績供給引当

焼成実績→焼成実績供給引当

補充要求−△−生地材料補充要求/調達品目補充要求

貯蔵品目補充要求−納品明細

(3)

a 焼成部門コード

b 調達内製区分,貯蔵区分

c 代替外注成形材料品目コード

d 内製成形材料品目コード

e 生地材料品目コード,原材料品目コード,使用量

f 内製成形材料品目コード,材料品目コード,使用量

g 製造番号,供給番号,供給明細番号,引当数量

h 成形材料製造依頼番号

i 補充要求番号,要求先Mix部門コード

j 補充要求番号,注文番号,注文数量

k 未納品数量


設問2

(1)

9,10,12,14

15 焼成指示

17 焼成指示

本館生成部門 F

新館焼成部門 T

成形材料 〇

指示情報 成形材料発注依頼書

実績情報 成形実績票

(2)

要求明細→焼成指示要求引当

焼成指示→焼成指示要求引当

焼成指示−焼成実績

焼成指示−成形材料製造依頼

(3)

l 対象年月日,対象時間帯,焼成部門コード,焼成番号,要求番号,要求明細番号,引当数量

m 対象年月日,対象時間帯,焼成部門コード,焼成番号

n [対象年月日],[対象時間帯],製品品目コード



ss2004 * データベーススペシャリスト * 16:37 * comments(12) * trackbacks(0)

コメント

同じ会場で、エンベデッドを受けてきました。データベース以上に、時間が足りないと思いました。実力不足なのでしょう。
Comment by ぽんしゅう @ 2019/04/21 6:15 PM
エンベデッドは、理系マインドが問われる試験(しかも対策が効かない)ですからね。
しかし、時間が足りないのは、皆同じでしょう。
Comment by ss2004 @ 2019/04/21 7:02 PM
ご解答を提示いただきありがとうございます。
恐縮ながら●の箇所を加筆させて頂きましたが、
もし間違っていればご指摘いただけると幸いです。


問2

設問1

(1)

製造部門−△− 焼成部門/成形部門/Mix部門

焼成部門→要求元部門

●品目―△―貯蔵品目

●品目―△―調達品目/内製品目

貯蔵品目−△−原材料/生地材料/外注成形材料

成形材料−△−内製成形材料/外注成形材料

貯蔵品目→成形材料レシピ

内製成形材料→成形材料レシピ

原材料→生地材料レシピ

生地材料→生地材料レシピ

内製成形材料−製品

内製成形材料−外注成形材料

(2)

供給明細→焼成実績供給引当

焼成実績→焼成実績供給引当

補充要求−△−生地材料補充要求/調達品目補充要求

貯蔵品目補充要求−納品明細

●生地材料補充要求―Mix実績

●払出依頼―生地材料補充要求

(3)

a 焼成部門コード

b 調達内製区分,貯蔵区分

c 代替外注成形材料品目コード

d 内製成形材料品目コード

e 生地材料品目コード,原材料品目コード,使用量

f 内製成形材料品目コード,材料品目コード,使用量

g 製造番号,供給番号,供給明細番号,引当数量

●h 成形材料製造依頼番号,生地材料補充要求番号

i 補充要求番号,要求先Mix部門コード

j 補充要求番号,注文番号,注文数量

●k 調達品目補充要求番号



設問2

(1)

9,10,12,14



15 焼成指示

17 焼成指示



本館生成部門 F

新館焼成部門 T

成形材料 〇

指示情報 成形材料発注依頼書

実績情報 成形実績票

(2)

要求明細→焼成指示要求引当

焼成指示→焼成指示要求引当

焼成指示−焼成実績

焼成指示−成形材料製造依頼

(3)

l 対象年月日,対象時間帯,焼成部門コード,焼成番号,要求番号,要求明細番号,引当数量

m 対象年月日,対象時間帯,焼成部門コード,焼成番号

●n [対象年月日],[対象時間帯],焼成番号
Comment by yos @ 2019/04/22 9:02 PM
すみません、一点抜けておりましたので追記致します。
サブタイプだらけですね。。

問2

設問1

(1)

製造部門−△− 焼成部門/成形部門/Mix部門

焼成部門→要求元部門

●品目―△―貯蔵品目

●品目―△―調達品目/内製品目

貯蔵品目−△−原材料/生地材料/外注成形材料

●調達品目―△―原材料/外注成型材料

成形材料−△−内製成形材料/外注成形材料

貯蔵品目→成形材料レシピ

内製成形材料→成形材料レシピ

原材料→生地材料レシピ

生地材料→生地材料レシピ

内製成形材料−製品

内製成形材料−外注成形材料
Comment by yos @ 2019/04/22 9:08 PM
もしかして、設問2(1)って、3も不要だったりしますかね?新館貯蔵庫には、原材料はふようになるのかなぁ、と思いまして。
表1のF→Tをつないでいった時に思いました。
Comment by xijumbo @ 2019/04/22 9:49 PM
yosさん
レスポンスいただきありがとうございます。

さっそく私の考えを

●品目―△―貯蔵品目
●品目―△―調達品目/内製品目
品目からのサブタイプは、もともと引かれている原材料、生地材料、成形材料、製品だけと思います(理由:業務分析結果の書きぶり)。

●調達品目―△―原材料/外注成型材料
これは、そのとおりですね。

●生地材料補充要求―Mix実績
これも、そのとおりです。

(残りは考えさせてください)




Comment by ss2004 @ 2019/04/23 7:58 AM
xijumboさん
レスポンスありがとうございます

>もしかして、設問2(1)って、3も不要だったりしますかね?

確かにそのとおりですね。
新館は焼成部門しか置かず、焼成部門は成形材料しか使わないから、新館貯蔵庫に原材料は運び込む必要がないですね。
ここ正解する人いるのかな。

Comment by ss2004 @ 2019/04/23 8:04 AM
●払出依頼―生地材料補充要求
●h 成形材料製造依頼番号,生地材料補充要求番号
これは違う気がしますが、判断つきません。違う気がする根拠も分かりません。「何となく」としか言えません。

●k 調達品目補充要求番号
そのとおりですね。

●n [対象年月日],[対象時間帯],焼成番号
そのとおりです。



Comment by ss2004 @ 2019/04/23 12:30 PM
こうしてyosさんの答えを見ると、結構(私が)間違っているのがありますが、それなりに一致するものですね。
もっと、全然違ってくるかと思いましたけど。

xijumboさん、これに気づくのはすごいですね。
「なくなる部門を縦に見て9,10,12,14で決まり」
「あれ?でも消すだけじゃ駄目だよな」
「ああ、で答えるのか」
で、自分の中では「解答終了」でしたね。
Comment by ss2004 @ 2019/04/23 12:58 PM
ss2004さまの丁寧なコメントに感謝致します。

●払出依頼―生地材料補充要求
●h 成形材料製造依頼番号,生地材料補充要求番号

こう記載した根拠は、以下の通りです。

P25 κЫ舒様蟒颪亡陲鼎、

・成型材料製造依頼に対して製造可否が可となった・・・
・成型材料製造依頼に対して製造可否が否となった・・・
→「成型材料製造依頼―払出依頼」 、レコードが発生する順番は
 製造依頼→払出依頼の順番なので、払出依頼のエンティティに
 外部キー「成型材料製造依頼番号」を設定

・後述する生地材料補充要求について・・・
→生地材料補充要求を元に、払出を依頼するという業務プロセス
 のため、レコードが後から発生する「払出依頼」に外部キー
 「生地材料補充要求番号」を設定


それと一点、ご意見を伺いたいのですが

P27 て眄集堕蠅砲靴疹得指示を「先に」,成型部門に対して・・
→「先に」ではなくて「元に」,成型部門に対して・・・
ではないかと思っています。試験会場でこの表現が引っかかり,
気になっておりました。


xijumboさんがご指摘頂いた点,その通りだと私も思います。
限られた時間でこれに気づく方は殆どいないのではと思料します。

Comment by yos @ 2019/04/23 10:05 PM
yosさん

●h 成形材料製造依頼番号,生地材料補充要求番号
成形材料製造依頼番号が値を持つときは生地材料補充要求番号がNULL、生地材料補充要求番号が値を持つときは成形材料製造依頼番号がNULLになりませんか?
そうすると、サブタイプになるのではないかと思い、違うのではないかと思いました。
「後述する生地材料補充要求について……」は目をつぶった(笑)感じです。

て眄集堕蠅砲靴疹得指示を「先に」は、時間的に内製限定を先に、内製限定でないものを後に、と「読みました」。読んだけど、その先は分からなかった訳ですが。

この問題、トランザクション領域は、急に説明がぞんざいになりますよね。
Comment by ss2004 @ 2019/04/24 8:07 AM
yosさん

●品目―△―貯蔵品目
●品目―△―調達品目/内製品目

失礼しました。
これ正しいですね。
△猟潅F眄酋菠・貯蔵区分から、そう読み取れますね。
Comment by ss2004 @ 2019/04/25 7:28 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ