<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< データベーススペシャリスト 午後2終了 | main | ITパスポート受験した >>

データベーススペシャリスト 午後1 アイテック・わくすたの解答例

アイテックとわく☆すたの午後1の解答例と比べてみる。

問1
設問1 まあ、同じ。
設問2
(1) 自己記録の候補キー、わく☆すたでは、会員IDとなっているが、ケアレスミスだろう。
(2) 同じ。
設問3
(1) 俺の解答では、クラスが第4正規形でないがゆえの更新異状を指摘してしまっている(わく☆すたも?)。予約枠ID→{予定日時, メニューID}という部分関数従属の問題を指摘しているアイテックが妥当か。
(2) わく☆すたの右側の表は単なるケアレスミスだろう。

問2
設問1
(1) 同じ。
(2) アイテックのはやはりまずい。図1を見る限り、店舗が変わっても利用可能時間や対象商品は同じなのだから、それを反映してなければいけないだろう。
設問2
(1)(a) 同じ。
(b)
・上から2,NULL,2の場合、単品か一括商品で、かつ単品商品で、かつ複合商品の意だから、そのような商品は存在しない(わく☆すた間違い)。
・上からNULL,1,2の場合、「ただのセット商品」だから、「セット商品と一括商品は、商品別に、提供する曜日、時間帯を限定している」ので、商品提供時間を参照する(アイテック間違い)。
・上からNULL,2の場合、セット商品で、かつ一括商品だから、そのような商品は存在しない(わく☆すた間違い)。
・上からNULL,NULLの場合、セット商品で、かつ単品商品だから、そのような商品は存在しない(わく☆すた間違い)。
この設問は落ち着いて考えれば確実に解けるので、解答例として発表するものが間違っているのは考えられない。
設問3
1点は、俺もアイテックもわく☆すたもあげるように、セット取扱いによる注文取消しと客からの取消しとの区別がつかない点で間違いないと思う。
もう1点は、アイテックの解答が正解だろう。
図4を見る限り、卵焼きが2レコードに存在し、明らかに図3のテーブル構造に反している。「一つの注文伺いの中で、一つの商品が注文された後その場で取り消された場合は、注文がなかったものとする」という説明も合致する。つまり、「注文がなかったものとする」ルールなら図3のテーブル構造で問題がないが、セット取扱いを導入する以上、図3のテーブル構造では問題が生じるので、これは指摘するべきである。追加列を問うのでなく、列を追加した後のテーブル構造を問うという形も納得。
試験中に「一つの注文伺いの中で、一つの商品が注文された後その場で取り消された場合は、注文がなかったものとする」という説明に着目はしたが、解答にたどり着けなかったことに反省。


ss2004 * データベーススペシャリスト * 01:03 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ