<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< システムアーキテクト 午後1問2の自己採点 | main | テクニカルエンジニア(データベース) H13 PM1-1 >>

システムアーキテクト 午後1問3の自己採点

つづいて、問3も採点。

問3
 俺の解答ITECTAC配点ITEC
採点
TAC
採点
設問1固定資産テーブルの設置場所名が変更されていない場合があるから。固定機器の設置場所を移動したのに設置場所名を変更していなかった。固定機器の設置場所を移動した際、固定資産テーブルの変更漏れがあったため555
設問2(1)同一の資産シールを複数枚発行している機器で、現物の数が足りない問題同一資産シールの複数の資産で固定資産テーブルと現実の不一致がある問題同一の資産シールを複数枚発行している資産について照合が不正確になる点555
設問2(2)照合内訳数照合内訳数照合内訳数333
設問2(2)更新前の照合内訳数に1を加算する。照合内訳数を現物照合レコードの枝番が異なるごとに1を加えた数とする。同一資産番号を持つ現物照合レコードの新規生成レコード数で更新する。550
設問2(2)最新現物照合実施日最新現物照合実施日最新現物照合実施日333
設問2(2)現物照合実施日が最新現物照合実施日より新しい場合、その日付で更新する。最新現物照合実施日を現物照合レコードの現物照合実施日で置き換える。同一資産番号を持つ現物照合レコードの現物照合実施日の最大値で更新する。550
設問3a/b移動場所コード/設置場所コード移動レコードの移動場所コード/内訳レコードの設置場所コード内訳テーブルの該当レコードの設置場所コード/移動レコードの移動場所コード400
設問3c設置場所コード内訳レコードの設置場所コード内訳テーブルの該当レコードの設置場所コード200
設問3d999999999999999999222
設問3e設置場所コード内訳レコードの設置場所コード内訳テーブルの該当レコードの設置場所コード200
設問3f移動場所コード移動レコードの移動場所コード移動レコードの移動場所コード200
設問4(1)遠隔地の資産を回収したとき、システム上照合されていた資産が見つからない問題遠隔地の資産を回収したとき、システム上照合されていた資産が見つからない問題。遠隔地に設置しているなどスキャンできない資産を正確に管理できていない問題666
設問4(2)管理担当者が設置場所に行き、直接現地照合を行う。遠隔地の資産も直接確認してハンディスキャナでバーコードをスキャンする。当該資産の存在確認を、バーコードの番号を電話やメールで通知する。660
合計4024


設問2(2) 1レコードごと更新するのか一括処理でまとめて更新するのか試験中に悩んで問題中を探したが、特にどちらかを示唆する記述なし。どちらでも○になるはずだ。また、現物照合実施日と更新処理日についても記述がないので、最新現物照合実施日が古い日付で上書きされる危険を考慮する必要があるかどうかが不明。
設問3 解答方法を間違えたが、部分点つくかどうか。
設問4(2) 今でも正答が分からない。直接確認するくらいなら最初からやってるだろうから確かに無理がある。電話での確認を基本に工夫を加えるというTACの解答の方が○のような気がする。

ということで、実際の点数は35点くらいか。
ss2004 * システムアーキテクト * 09:35 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ