<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ITILファンデーション V3移行のための日本語試験 | main | 【誤答】 XMLマスター(6) >>

【誤答】 XMLマスター(5)


  • コメント(<!-- -->)は、XML宣言文より後のどこでも記述可能。
  • CDATAセクションは、XMLインスタンス内(ルート要素内)にのみ記述可能。
  • 処理命令(<? ターゲット名 処理式 ?>)は、XML宣言文より後のどこでも記述可能。
  • 内部DTDと外部DTDで要素型宣言が重複してはいけない。
  • xs:attribute要素は、複合型定義(xs:complexType)中のモデルグループ(xs:sequence,xs:choice,xs:all)の記述の後に記述する。xsl:attributeと混同しないこと。
  • xpathの述語の条件式には、「<」記号は直接記述できない。「&lt;」を使う。
  • <xsl:if test="Equipment">の「test="Equipment"」は、カレントノードが「Equipment」要素を持てば「真」、持たなければ「偽」となる。
  • xsltの最上位要素は、「stylesheet」又は「transform」である。
  • 属性を持つ要素は、「xs:complexType」で定義する。

ss2004 * XMLマスター * 22:41 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ