<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) H19 PM1-3 | main | テクニカルエンジニア(データベース) H19 PM1-1 解いてみた >>

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) H19 PM2-2

午後2で選択しなかった問2を夕飯前に解いてみた。

問2
設問1
(1)
a 停止
b アクセスログ
(2) 本人確認が十分に行えない状況でパスワードを教えている点。
設問2
(1)
c ISAKMP
d ESP
e Diffie-Hellman
(2) 中間者攻撃による盗聴や改ざんを防ぐため
(3) 事前共有鍵と送受信データからセッション鍵を得ることはできないから。
(4)
(モード)アグレッシブモード
(理由)メインモードではIPアドレスをIDに使うため、動的IP環境では使用できないから。
設問3
(1)
f 生体
g 本人
h 他人
(2) 当該デバイス用の事前共有鍵を無効にする。
設問4
(1) インターネットに接続できない環境ではデータを利用することができない。
(2) ハードディスク全体を認証デバイスの事前共有鍵を用いて暗号化する。
設問5
(1) FWをプロキシモードで動作させたため、不正メールの送信元IPアドレスが社内ネットワークに変更されたから。
(2)
(原因)ウイルス警告メールが偽であり、そのメールにしたがってウイルスをダウンロードしたから。
(理由)FWはSMTPを監視しているが、ウイルスはhttp経由で受信されたから。
(3)セキュリティパッチや修正プログラムは、パッチサーバ上のものだけを実施すること。
ss2004 * テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) * 20:09 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

いつも拝見させていただいています。

解答例,すごくレベル高いですね。
大変勉強になります。
ありがとうございました。
Comment by 美月 @ 2007/04/24 12:10 AM
美月先生にお褒めいただき、光栄です。

新会社設立、新ブログ立ち上げおめでとうございます。
Comment by ss2004 @ 2007/04/24 6:10 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ