<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

基本情報技術者 合格

平成25年度 春期 基本情報技術者試験 成績照会
受験番号 FE303-0325 の方は, 合格 です

午前得点 93.75点
午後得点 93.00点

午前分野別得点
分野 得点(得点率) 満点
ストラテジ系 22.50点 (90.0%) 25.00点
マネジメント系 12.50点 (100.0%) 12.50点
テクノロジ系 58.75点 (94.0%) 62.50点

午後問題選択分野
問題番号 分野
問1 ハードウェア
問2 ソフトウェア
問3 データベース
問4 情報セキュリティ
問5 ソフトウェア設計
問8 データ構造及びアルゴリズム
問10 ソフトウェア開発(COBOL)
ss2004 * 基本情報技術者 * 21:49 * comments(0) * trackbacks(0)

2013年春期 基本情報技術者試験 合格発表

5月20日(月) 正午発表の予定。

wwwサーバ負荷軽減のためのリンク。

1 成績照会ページ
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/js/input.html?examCode=FE

2 合格発表(携帯用ページ)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/inputSearch.html

3 成績照会(携帯用ページ)
  → https://web10.jitec.ipa.go.jp/jsmob/input.html?examCode=FE
ss2004 * 基本情報技術者 * 08:00 * comments(0) * trackbacks(0)

アイテックで採点

 アイテック自動採点サービスで、採点してみた。

午前
評点 93.75 / 100 (94%)
カテゴリ
(1) 午前-基礎理論 8/8
(2) 午前-コンピュータシステム 14/16
(3) 午前-技術要素 20/20
(4) 午前-開発技術 5/6
(5) 午前-プロジェクトマネジメント 4/4
(6) 午前-サービスマネジメント 6/6
(7) 午前-システム戦略 6/6
(8) 午前-経営戦略 7/7
(9) 午前-企業と法務 5/7

午後
評点 90 / 100 (90%)
カテゴリ
(2) 午後-問1知識の応用 120/120
(3) 午後-問2知識の応用 120/120
(4) 午後-問3知識の応用 120/120
(5) 午後-問4知識の応用 120/120
(6) 午後-問5知識の応用 120/120
(9) 午後-問8データ構造とアルゴリズム 100/200
(11) 午後-問10ソフトウェア開発(プログラミング) 200/200
ss2004 * 基本情報技術者 * 09:13 * comments(0) * trackbacks(0)

基本情報技術者午後終了

20130421090121.jpg
問1〜5 と COBOL を選択
ss2004 * 基本情報技術者 * 14:35 * comments(0) * trackbacks(0)

基本情報技術者午前終了

イウウアウ
アイイアイ
エイエアア
アエウアウ
エエエウイ
イウイイア
イウアイウ
イアイウア
ウアエエエ
エイアイイ
アアアアイ
アアウイイ
アウエイイ
エウイエア
ウイエエウ
ウエウアア
ss2004 * 基本情報技術者 * 10:58 * comments(0) * trackbacks(0)

基本情報技術者 H22秋PM9

設問1
a update_wait_timeを呼び出したバスについて、走行位置cur_posをbusstopに設定する。

b succeedingをbusstopより後ろのバスのbus[].cur_posの最大値に更新する。precedingをbusstopより先のバスのbus[].cur_posの最小値に更新する。

c 「次に到着するバスがバス停0を発車していないときは、route[i].wait_timeには0を格納する。」

d route[i].wait_timeには一旦route[i].std_timeが代入される。前バス停までの到着待ち時間と当該バス停までの標準所要時間を加算すると、当該バス停までの到着待ち時間が求められる。

設問2
e 「前のバス停から実際にかかった時間 ー 前のバス停からの標準所要時間」で、「前のバス停から当該バス停までの間で発生した遅れ」が求められる。遅れは蓄積していくので、前の値に加算する。

f delay_succeedingは次のバス、deley_precedingは次以降のバス停の遅れ時間と考えられる。遅れ時間は、このバスの遅れ時間を適用するのが妥当である。
ss2004 * 基本情報技術者 * 19:52 * comments(0) * trackbacks(0)

基本情報技術者 H22秋PM8

設問1
a,b 空欄上から、11011 → (a)111011 → 110001 → (b)1110001

c 空欄上から、00101 → 000101 → (c)0000101

設問2
d R全体を1ビット右シフトすることにより、被乗数のMを2倍することと、乗数Nの注目するビットを1ビット左に移動することを同時に行っている。

e N=-8のとき、Rの下位8ビットが11111000で、加算回数(1の個数)が最小である。

f N=-3,-6,-7のとき、Rの下位5ビットが11010,10100,10010で、加減算回数(1と0が変化する回数)が最大である。

g 右の桁から見て1が現れた20のときに減算、0が現れた23のときに加算を行っている。
ss2004 * 基本情報技術者 * 11:10 * comments(0) * trackbacks(0)

基本情報技術者 H22秋PM7

設問1
a E社は2009年度の営業利益が赤字である。

b b = ROA ÷ 経常利益率 = (経常利益/総資産)÷(経常利益/売上高) = 売上高/総資産
 
c 総資産回転率は、会社の効率性を示す。同じ売上高を上げるなら、総資産が少ない方が効率はよい。

設問2
d 売上高は300→330(百万Yドル)、営業利益は15→17(百万Yドル)である。

e,f 通貨で表記する指標は為替レートで変動するが、比・率(無次元数)で表記する指標は影響しない。

設問3
g D社は、売上高・営業利益率・ROAがすべて向上している。

h C社は、売上高と営業利益が10%以上減少している。
ss2004 * 基本情報技術者 * 08:07 * comments(0) * trackbacks(0)

基本情報技術者 H22秋PM6

設問1
a 委託先は契約で縛り、安全管理措置を講ずることを義務付ける。

b 委託先の担当者を任命することや、従業者を監督することはできない。個人データの取扱状況を監督することはできる。

c イ〜エは、技術的安全管理措置でない。

設問2
d 問題点,蓮∧理的安全管理措置の問題である。

e 個人情報を含む印刷物が持ち出される危険がある。

f 特権操作の内容やファイルアクセスの記録が残らないので、誤操作や不正操作が発券しにくくなる。
ss2004 * 基本情報技術者 * 18:17 * comments(0) * trackbacks(0)

基本情報技術者 H22秋PM5

設問1
 図3の処理を念頭に、第1ソートキーは「部品番号」、第2ソートキーは受入日付である。

設問2,3
 受入情報ファイルは、受入日によって購入単価が異なるため、部品番号別・受入日付別のレコードとなるが、払出情報は、部品別に当該期の払出数量が分かればよい(いつ払い出したかにかかわらず受入日付の古い順に引き当てるため)。

設問4,5
 KUとKHには、部品番号が入る。
 KU<KHのときは、払出情報が次以降の部品を参照している。受入情報で参照している部品は当該期の払出しがないため、その部品について集計処理を行い、次の受入情報レコードを読む。
 KU=KHのときは、払出情報と受入情報が同じ部品を参照している。この場合、払出数量を受入数量に引き当てる。
 H(未引当払出て)>0のときは引き当て終わっていないので、受入情報レコードを読み込み、引き当てていく。
 H<0のときは、参照している部品について引当てが終わったので、集計処理を行い、次の受入情報・払田s情報レコードを読み込む。
 H=0のときも引当てが終わっているのは同様であるが、期末在庫書込が不要である。
ss2004 * 基本情報技術者 * 18:19 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ