<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

システムアーキテクト 合格のまとめ

システムアーキテクト合格の勝因。

◎ とにかく過去問。今回は過去6年分やった。Amazonのマーケットプレイスは強い味方。
◎ データベーススペシャリストとの親和性高い。データベーススペシャリストの勉強しておけば、午後1を解く際にかなり有利。今回はあまり関係なかったが、UMLも勉強しとくと有利だと思う。
◎ まともな問題を選択する眼力が大事。午後1、問ごとの完成度がかなり違う。組込は当然避けるとして、今回、問1を選ばなくて良かった。

システムアーキテクトの合格で、情報処理技術者試験の現行高度区分試験(又は相当区分)を全て制覇した。
当初の目標は達成したが、もうちょっとだけ続くんじゃ。
ss2004 * システムアーキテクト * 19:50 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアーキテクト合格

平成22年度 秋期 システムアーキテクト試験 成績照会
受験番号 SA305-0244 の方は, 合格 です
午前菊静 ***.**点
午前尭静 80.00点
午後菊静 89点
午後局床船薀鵐 A


ss2004 * システムアーキテクト * 12:03 * comments(9) * trackbacks(0)

システムアーキテクト 午後1問3の自己採点

つづいて、問3も採点。

問3
 俺の解答ITECTAC配点ITEC
採点
TAC
採点
設問1固定資産テーブルの設置場所名が変更されていない場合があるから。固定機器の設置場所を移動したのに設置場所名を変更していなかった。固定機器の設置場所を移動した際、固定資産テーブルの変更漏れがあったため555
設問2(1)同一の資産シールを複数枚発行している機器で、現物の数が足りない問題同一資産シールの複数の資産で固定資産テーブルと現実の不一致がある問題同一の資産シールを複数枚発行している資産について照合が不正確になる点555
設問2(2)照合内訳数照合内訳数照合内訳数333
設問2(2)更新前の照合内訳数に1を加算する。照合内訳数を現物照合レコードの枝番が異なるごとに1を加えた数とする。同一資産番号を持つ現物照合レコードの新規生成レコード数で更新する。550
設問2(2)最新現物照合実施日最新現物照合実施日最新現物照合実施日333
設問2(2)現物照合実施日が最新現物照合実施日より新しい場合、その日付で更新する。最新現物照合実施日を現物照合レコードの現物照合実施日で置き換える。同一資産番号を持つ現物照合レコードの現物照合実施日の最大値で更新する。550
設問3a/b移動場所コード/設置場所コード移動レコードの移動場所コード/内訳レコードの設置場所コード内訳テーブルの該当レコードの設置場所コード/移動レコードの移動場所コード400
設問3c設置場所コード内訳レコードの設置場所コード内訳テーブルの該当レコードの設置場所コード200
設問3d999999999999999999222
設問3e設置場所コード内訳レコードの設置場所コード内訳テーブルの該当レコードの設置場所コード200
設問3f移動場所コード移動レコードの移動場所コード移動レコードの移動場所コード200
設問4(1)遠隔地の資産を回収したとき、システム上照合されていた資産が見つからない問題遠隔地の資産を回収したとき、システム上照合されていた資産が見つからない問題。遠隔地に設置しているなどスキャンできない資産を正確に管理できていない問題666
設問4(2)管理担当者が設置場所に行き、直接現地照合を行う。遠隔地の資産も直接確認してハンディスキャナでバーコードをスキャンする。当該資産の存在確認を、バーコードの番号を電話やメールで通知する。660
合計4024


設問2(2) 1レコードごと更新するのか一括処理でまとめて更新するのか試験中に悩んで問題中を探したが、特にどちらかを示唆する記述なし。どちらでも○になるはずだ。また、現物照合実施日と更新処理日についても記述がないので、最新現物照合実施日が古い日付で上書きされる危険を考慮する必要があるかどうかが不明。
設問3 解答方法を間違えたが、部分点つくかどうか。
設問4(2) 今でも正答が分からない。直接確認するくらいなら最初からやってるだろうから確かに無理がある。電話での確認を基本に工夫を加えるというTACの解答の方が○のような気がする。

ということで、実際の点数は35点くらいか。
ss2004 * システムアーキテクト * 09:35 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアーキテクト 午後1問2の自己採点

ITECTACの解答で採点。

問2
 俺の解答ITECTAC配点ITEC
採点
TAC
採点
設問1取引しようとする銘柄と銘柄コードが同一である最新のレコード同じ銘柄コードで状態区分が0である前回取引時点の売買明細レコード状態区分に“1”を持つ、取引の取消を行った売買明細レコード730
設問2(1)a取引の取消しによる取引ログに対応するレコードの状態区分承諾拒否対象となった当日の取引の取消による取引ログに対応するレコード当日の取消による取引ログに対応する売買明細レコードの状態区分737
設問2(1)b当日レコードのうち状態区分が"0"であるレコードの件数当日のレコード件数から状態区分が1の当日のレコード件数を引いた件数当日のレコード件数から当日の取消レコード件数を引いた件数733
設問2(2)数量残高数量残高数量残高444
設問2(2)x=y+買入数量合計−売却数量合計x=y+買入数量合計−売却数量合計x=y+買入数量合計−売却数量合計666
設問2(3)取引データと売買明細テーブルの内容を個々に照合できないから。合ファイルの属性に取引金額がなく個別取引も不明なので原因が特定し難い。件数と数量のみのチェックで、金額のチェックを行っていないから700
設問3仕訳伝票レコードを作成する機能売買明細からの仕訳伝票レコードの生成機能。仕訳伝票テーブルのレコードを作成する。555
設問3取消の際に、対応する仕訳伝票レコードを削除する機能。取消しの取引の仕訳伝票レコードを相殺する仕訳伝票レコードを生成する機能。取引対象の仕訳に対し、仕訳伝票テーブルに逆仕訳のレコードを作成する。700
合計2425


設問1 TACの解答はまったくの勘違い。ITECのように状態区分が0であることを加える必要があるかどうかは微妙。△
設問2(1)a ITECの解答は属性まで答えられていない。○
設問2(2)b ITEC・TACともに、全件数から取消件数を引き算しているが、取消でない件数を数えても同じはず。○
設問2(3) 照合ファイルに金額がないという点がミソということか。ここは間違えた。×
設問3 移植前は、取消以外の取引について仕訳伝票レコードを作成している。したがって、取り消された取引について仕訳伝票レコードを持つ必要はない。逆仕訳のレコードを作らなくても対応レコードを削除すればいいだろう。○

ということで、実際のところは40点くらいか。
ss2004 * システムアーキテクト * 08:54 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアーキテクト 午後2終了

20101017102621.jpg
問2を選択
800字+1150字+800字

これで高度区分制覇(よほどのことがない限り)。
ss2004 * システムアーキテクト * 16:54 * comments(7) * trackbacks(0)

システムアーキテクト 午後1終了

問2・問3を選択

俺の解答

問2
設問1 取引しようとする銘柄と銘柄コードが同一である最新のレコード
設問2
(1)
a 取引の取消しによる取引ログに対応するレコードの状態区分
b 当日レコードのうち状態区分が"0"であるレコードの件数
(2)
・数量残高
・x=y+買入数量合計−売却数量合計
(3) 取引データと売買明細テーブルの内容を個々に照合できないから。
設問3
・仕訳伝票レコードを作成する機能
・取消の際に、対応する仕訳伝票レコードを削除する機能

問3
設問1 固定資産テーブルの設置場所名が変更されていない場合があるから。
設問2
(1) 同一の資産シールを複数枚発行している機器で、現物の数が足りない問題
(2)
・照合内訳数/更新前の照合内訳数に1を加算する。
・最新現物照合実施日/現物照合実施日が最新現物照合実施日より新しい場合、その日付で更新する。
設問3
a 移動場所コード
b 設置場所コード
c 設置場所コード
d 999999
e 設置場所コード
f 移動場所コード
設問4
(1) 遠隔地の資産を回収したとき、システム上照合されていた資産が見つからない問題
(2) 管理担当者が設置場所に行き、直接現地照合を行う。
ss2004 * システムアーキテクト * 14:08 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアーキテクト 午前2終了

俺の解答
イイイウア アアアウア
エイエイイ ウウエイウ
アアウアウ
ss2004 * システムアーキテクト * 11:43 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアーキテクト H21 PM1 1〜4

この年の問題は程度が低すぎる。「この年」というか、システムアーキテクト唯一の午後1なんだが。

問題の前提条件が表現されていなかったり(出題者の頭の中にだけある)、解答の観点が絞り込まれていなかったり(何を答えさせたいのか不明)。

この年受けた人は、受かってすっきりせず、落ちて納得いかない、という状態になるだろう。

問1 当たり前すぎる答えを求められ困る局面はあるが比較的まとも。
問2 設問3(2)は、明らかに設題ミス。もう一つの幻の機能は何?
問3 設問1(1) パッケージ仕様どおり動作することを、カスタマイズ開発チームがテストするんですか。無間地獄。
設問1(2) 対応期限を超えた場合テストがストップするというのは仕様?
問4 設問1 ビル内にLAN配線があるとは初耳。
設問2 システム管理端末なんて知らない。まあ、この程度の品質だな。
設問3 一元管理ってどういう意味?
ss2004 * システムアーキテクト * 07:13 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアーキテクト 公開模試の結果

アイテックから、公開模試の結果が届いた。

 得点偏差値順位評価
午前188.40/10066.385/126A
午前276.00/10060.2127/293B
午後184.00/10063.4720/294A
午後250.00/10048.81168/290D
総合C


午後2の採点が酷い。
ss2004 * システムアーキテクト * 06:44 * comments(0) * trackbacks(0)

アプリケーションエンジニア H20 PM1-4

予約受付業務のシーケンス
〔予約画面〕
1 宿泊申込情報入力(宿泊開始日,宿泊数,宿泊客室数,宿泊人数)
 ・予約候補の宿泊プラン名と宿泊プラン料金を表示
〔予約管理〕
2 宿泊プラン候補取得(宿泊開始日,宿泊数,宿泊客室数,宿泊人数)
 ・予約候補の宿泊プラン名と宿泊プラン料金を取得
3 宿泊開始日チェック(宿泊開始日,宿泊数)
 ・宿泊開始日をチェックする(実在日、本日以降、出発日が3か月先まで)
4 予約済客室番号取得(宿泊開始日,宿泊数)
 ・宿泊日が重なる予約の客室番号のリストを取得
〔宿泊〕
5 宿泊情報取得(宿泊開始日,宿泊数)
 ・宿泊日が重なる予約の予約番号のリストを取得
〔予約管理〕
6 客室番号取得(予約番号のリスト)
 ・予約番号のリストの予約の予約客室番号のリストを取得
〔宿泊明細〕
7 宿泊明細情報取得(予約番号)
 ・予約番号の予約の予約客室番号のリストを取得
〔予約管理〕
8 空室客室情報取得(客室番号のリスト)
 ・客室番号のリストにない客室番号と客室タイプコードの組のリストを取得
9 客室情報取得(客室番号)
 ・客室番号の客室の客室タイプコードを取得
10 宿泊客室数チェック(客室番号と客室タイプコードのリスト,宿泊客室数)
 ・“客室タイプコードの空室数 ≧ 宿泊客室数”である客室タイプコードのリストを取得
11 客室料金・収容人数取得(客室タイプコードのリスト)
 ・客室タイプコードのリストの客室の客室料金と収容人数の組のリストを取得
12 客室タイプ情報取得(客室タイプコード)
 ・客室タイプコードの客室の客室料金と収容人数の組を取得
13 宿泊人数チェック(客室タイプコードと収容人数の組のリスト,宿泊客室数,宿泊人数)
 ・“客室タイプコードごとの収容人数 × 宿泊室数 ≧ 宿泊人数”である客室タイプコードのリストを取得
14 宿泊プラン名・食事料金取得(客室タイプコードのリスト)
 ・客室タイプコードのリストの客室の宿泊プラン名と食事料金の組のリストを取得
15 宿泊プラン情報取得(客室タイプコード)
 ・客室タイプコードの客室の宿泊プラン名と食事料金の組のリストを取得
16 食事情報取得(食事コースコード)
 ・食事コースコードと食事料金の組を取得
17 宿泊プラン料金算出(宿泊プラン名と客室料金と食事料金の組のリスト)
 ・宿泊プランごとの宿泊プラン料金(=客室料金+食事料金)を算出
〔予約画面〕
18 表示(宿泊プラン名と宿泊プラン料金の組のリスト)
 ・宿泊プランごとに宿泊プラン名と宿泊プラン料金の組のリストを表示
19 宿泊プラン名選択(宿泊プラン名)
 ・宿泊プランを選択し、割当人数入力画面を表示
20 割当人数入力画面表示(宿泊客室数)
 ・宿泊客室数分の割当人数入力画面を表示
21 割当人数入力(割当人数のリスト)
 ・割当人数を取得し、客室ごとの割当人数と客室宿泊金額、宿泊開始日、宿泊数及び合計宿泊金額を表示
〔予約管理〕
22 宿泊金額情報取得(割当人数のリスト)
 ・客室ごとの宿泊金額と合計宿泊金額を取得
23 宿泊料金算出(割当人数のリスト,宿泊プラン料金,宿泊数)
 ・客室ごとの宿泊料金(=割当人数×宿泊プラン料金×宿泊数)と、合計を算出

設問1
(3) 「リスト」とリストの行数分繰り返す操作に着目

ss2004 * システムアーキテクト * 20:38 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ