<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

システムアナリスト午後1終了

午後1終了。
問2〜問4を選択。

まあ、午後2も採点はしてもらえるだろう。
ss2004 * システムアナリスト * 13:45 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト午前終了

午前終了。

問 1〜10 ウイアアエ イウアエア
問11〜20 イエアアエ エアイウア
問21〜30 イエエアウ アウアウウ
問31〜40 イイアイウ ウアイウエ
問41〜50 アイアアイ イウアイエ
問51〜55 イエウウエ
ss2004 * システムアナリスト * 10:47 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリストの対象者像

対象者像
経営戦略に基づく情報戦略の立案システム化全体計画及び個別システム化計画の策定を行うとともに、計画立案者の立場から情報システム開発プロジェクトを支援し、その結果を評価する

役割と業務
 情報システムの企画・計画の段階で、情報戦略立案、システム化全体計画策定、個別システム化計画策定を行い、また開発・導入の段階で、戦略と計画に基づく情報システム構築の実施に関する推進支援や、システム化と同時に進める業務革新の推進支援を行うとともに、それらの結果に関する評価を行う業務に従事し、次の役割を果たす。

  1. 経営戦略と一貫性のある情報戦略を立案し、それに基づくシステム化全体計画を策定する。
  2. 情報システムに関する資源及び組織の運営方針を策定し、システム化全体計画に反映させる。
  3. システム化全体計画に基づいて、業務革新に貢献するシステム化案を提案し、個別システム化計画を策定する。
  4. 戦略と計画に基づく情報システム構築と情報システムサービス運営の実施を支援し、併せてシステム利用部門が主体で実施する業務革新を支援する。
  5. 計画立案者の立場から、システム化の結果に関して、合目的性・有効性・効率性・達成品質水準を評価する。
ss2004 * システムアナリスト * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト H16 PM1-4

設問1
RFM分析

設問2
・旅行行程や宿泊施設を柔軟に変更できる機能
・即座に旅行日程や旅行代金が把握できる機能

設問3
管理しているのは、顧客から集めた個人情報と過去の旅行参加履歴である。
・個人情報から定年退職や卒業などの区切りの時期に当たる人を抽出
・過去の旅行歴から同種のイベントへの参加者を抽出
ss2004 * システムアナリスト * 22:18 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト H16 PM1-3

設問1
(1) 軽故障のうち、照明器具の故障など顧客に不信感を与える故障は店舗スタッフが迅速に対応しなければならない。
(2)
・「冷却器の霜取りを行わないと電力消費量が多くなる」とある。業務委託先は電力消費量を監視しているので、霜取りの必要な時期が把握できるため、霜取り必要な時期の通知を委託する。
・店舗企画部では、店舗内の計測センサからのデータを蓄積しているが、集計・分析を行っていない。業務委託先は、設備の専門家であるため、これらのデータの集計・分析を行うことも可能であろう。

設問2
冷凍・冷蔵ショーケースなどの設備は店舗間で移動することがあるが、固定資産台帳の更新が的確に行われていない。
業務委託先が遠隔監視を行うためには、各設備がどこに設置されているかは知る必要があり、RFIDを利用して確認できるので、これを委託する。

設問3
この業務委託では、設備故障による影響の軽減と節電が狙いとなっている。その狙いの達成度合いを計測する。
ss2004 * システムアナリスト * 22:49 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト H16 PM1-2

設問1
(1) 高機能部品はライフサイクルが短く需要変動が大きいため不良在庫が発生しやすいが、単価と利益率が高く不良在庫の発生を抑制できれば収益向上に結びつく。
(2) 納期達成状況を管理することにより、顧客希望納期の達成率が向上すると期待できる。

設問2
生産計画と材料発注を週次にすると記述されているが、販売計画も週次にしないと意味がない。販売計画を週次にするとは書かれていないので、それが改善事項となる。
また、これに伴い需要の変動へ柔軟に対応できるようになるはずだから、在庫確保用の数量の上乗せを止めさせる。

設問3
販売会社では、顧客との関係を改善しなければいけない。
・顧客との連携を密にして、使用見通しの把握に努めること。
・納期回答状況を確認して、顧客に情報を提供すること。
ss2004 * システムアナリスト * 22:28 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト H16 PM1-1

設問1
[仕入] 売上高、利益ともに減少しているところ、加工食品事業への販売により、安定した売上と利益が見込まれる。
[加工] 従前は品質の確保が十分でない。仕入販売事業からの調達により高品質の原材料が確保できる。

設問2
[仕入] 品質の良い食材を世界各地から安定して仕入れることができるようになっている。加工食品事業への販売では、安定した仕入が必要である。→ 世界各地から、品質の良い食材を仕入れる。
[生産] 仕入販売事業が販売する素材食品はそのままでは、加工食品事業の原材料として使用できない。→ 加工食品事業の原材料として使用できる質、形状に加工する。
[販売] 加工食品事業では週次単位での調達計画が必須→ 週次単位での調達計画に基づいた原材料の提供を行う。

設問3
事業別の収益管理を行っているため、コストや利益の配分方法を調整する方法がある。
ss2004 * システムアナリスト * 22:09 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト H15 PM1-4

設問1
ホームページのファンクラブ加入者を増やすための顧客サービス。
1点は「会員への割引クーポン券の送付」でいいが、2点目が悩む。
ファンクラブ用ページの活性化のため、インターネット通販を行うのは牛刀割鶏だし、販売が限られていることが強みになっているという記述にも反する。単に、「イベント等の告知」あたりが妥当だろうか。

設問2
(1) 「賞味期限も考慮した単品在庫管理を行うことで、店舗在庫の適正化を図る」とあるので、この辺を記述するが、どうしても抽象的な話にはなる。“システムアナリスト過去問題&分析〈2005年版〉”では、またもや、敢えて賞味期限の部分をはずしてきている。反面教師としておこう。
(2) 発注予定が過大で本発注が過小となる傾向があるとの記述がある。発注予定の精度を高めるためには、これを改善していかなければならない。そのため、発注予定と本発注で大きなかい離があったものはリストアップし、非直営店の指導に活用する。

設問3
商品ごとに必要な包装資材は決まっている。また、包装資材ごとに調達リードタイムは決まっている。さらに、商品の生産計画は分かっている。
したがって、調達リードタイム後の予想在庫数が危険在庫を下回る場合は発注をかける。
ss2004 * システムアナリスト * 21:52 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト ITEC 公開模試結果

ITECの公開模試結果が届いた。

午前 96/110 A
午後1 87/120 B
午後2 50/100 C
総合 C

論文は経過説明になっているので、根拠を明示しろとの指摘あり。

総合点では144人中3位なのだが、午前免除の人がいるので総合順位を出す意味がない。
ss2004 * システムアナリスト * 07:11 * comments(0) * trackbacks(0)

システムアナリスト TAC 公開模試結果

TACの公開模試の結果が届いた。
午前 86/110 A
午後1 102/150 A
午後2 52/100 B
総合 B
という結果であった。
午後1は意外と評価が良かった。ちなみに、余った時間で解いて選択の○印をつけなかった問1が41点、問2・問3が27点・25点だった。うまく選択すればさらに16点アップだったのだが、選択も実力のうちだし、本番では、そもそも時間が余らないだろう。
午後2はこんなものかも知れないが、章立て(タイトルの付け方)とウの分量が少ない点が減点されているようだ。TACでは、章立てを設問と厳密に合わせることを要求するようだが、そこまでする必要があるのかは疑問。厳密に合わせようとすると却って書きづらくなることもある。ウも800字近く書くのはつらい。
ss2004 * システムアナリスト * 22:48 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ